http://spiral-newspaper.jp/

WEB SPIRAL NEWSPAPER

お問い合わせ

コピーライターをお探しなら、弊社へ!ライティングを募集・依頼するなら品質重視

Web

2014/11/7
  • エロゲーダウンロードページ

記事の詳細

概要

現在、「SPIRAL NEWSPAPER」では多数の記事を投稿しているが、これ以外でもWebページを製作するにあたってある一定の手法がある。これを“Webライティング”という。

Webクリエイターならご存知だろうが、“Webライティング”とは、Webでの表現に最適化された文章手法で、コンテンツを検索エンジンから見て読みやすい形にして、適切な検索順位を得ることである。

あくまでもコンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術のことを指す。

この手法はどこのWEBページでも活用され、ホームページやブログを製作する上での基礎でもある。

今回はこの“Webライティング”に関することを記載する。

テキストコンテンツの品質

まず、「コンテンツ」というのもは、“教養または娯楽に属する著作物であって、受け手の文脈に応じた価値のある情報や体験を提供するもの”と サイト「SEO 検索エンジン最適化」の運営者・住 太陽氏は定義している。

つまり、その情報が有益かどうかを判断するのは情報の受け手(検索者)ということだ。

「ググれ(Googleで検索して調べろという意味)」というネットスラングもあるように、ある商品や会社に関することを調べるのにまず、Web検索エンジンで調べる人は多い。

しかし、その商品・会社に関するキーワードだけではその詳細を調べることは難しい場合がある。

例えば、ある商品の成分を調べたいと思って商品名だけで調べても出てこない場合、「商品名 成分」で調べるだろう。

大抵の場合はこれで検索結果に出てくる。これが受け手の要求に答えた状態だ。

出てこない場合は、Web上でテキストコンテンツが適切に制作されていないことが原因になる。

適切に記述されたテキストコンテンツは、検索エンジンにインデックスされる。そして、適切に評価されることで検索結果の上位に出てくるのである。

コンテンツについて

有益かどうか?

検索者が検索エンジンを利用するにあたって多くの場合は、問題や疑問を解決するために調べている。

それを解決しようとしている検索者にとって有益でないコンテンツのほとんどが、あまり関係の無いブログや広告といった過度な売り込みを含んでいるものだ。

これでは問題や疑問の解決には繋がらないため、有益なコンテンツとは言えない。

有益なコンテンツを製作するには?

検索エンジンに適切な評価をしてもらい、検索者にとって有益なコンテンツを製作するには、やはり検索者の疑問を解決できるようなコンテンツが一番だろう。

そして、コンテンツの「読みやすさ」や「わかりやすさ」も必要となる。Webコンテンツというものは紙媒体と違い、視認性が低く、一覧性も低い。

モニタ画面の解像度は紙媒体と違ってハードやディスプレイに依存する。
Webページは視認性が低いため受け手は文字の判読性が低かったり、長時間画面を見続けることを避けたいと思っている。

そして、一覧性においても紙媒体と比べるとモニタの画面サイズ上、ページの全体像を一画面で見るには縮小する必要がある。そうすると今度は文字の判読性が低くなる。

それを解決するのが“Webライティング”だ。

Webライティング

文書のツリー構造

まず、検索エンジンに適切な評価をして貰い、Webページを検索結果の上位に出して貰うにはページの最適化が必要だ。

文書を「表題」「要約文」「大見出し」「中見出し」「小見出し」「段落」といった具合に、重要な部分から順に階層状に展開する構造を“ツリー構造”という。

ツリー構造化することで「表題」を見ただけで文書の主題を理解することができる。

次に、「大見出し」から「中見出し」だけを一覧することで大まかな構成を理解することができ、「小見出し」で詳細を、「段落」で詳しい解説で構成する。

本でいうなら表題が「タイトル」、要約文が「あらすじ」、大見出しが「目次」、中見出しが「章」、小見出しが「話」、段落は「区切り」といった感じ。

特にタイトルとなる「表題」部分は検索結果に大きく影響する。
ページタイトルが最も目立ち、検索キーワードが含まれている場合、検索エンジンは“そのキーワードで検索する人のために作られたページ”と判断する。

これにより検索結果に上位に表示されやすくなる。
他にも“検索結果ページに表示された時のクリック率”や“ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)での拡散度”といったものも検索結果に影響する。

では、「表題」は長い方が良いのか?というと、そんな訳でもなく出来る限り簡潔したものが良い。

検索結果ページに表示されるのが、全角で32文字までで、Googleも極端に長いタイトルをつけることは推奨していないようだ。

分かりやすく書く

文書のツリー構造で見やすくした次は、その内容をユーザーに分かりやすく書く必要がある。

文書の内容は検索結果にも影響するので、ユーザーが実際に使いそうな用語や表記を選ぶことで、ユーザーの理解が深まり、ユーザビリティと検索結果の工夫(SEO)に対する二重の効果を持つようになる。

あまりにもかけ離れた用語や表記で書かれていると、検索エンジンからユーザーを誘導することが難しくなる。

あるものを専門に扱うユーザーに対しての文書ならば良いが、そうではないユーザーに対して誘導を行うのであれば、ユーザーの語彙の中から離れないようにするべきだ。

あまりに専門用語を多用しているページはユーザーからすると、まるでどこかの大企業の社長か政治家のようにしか見えない。

コンパクトにする

長時間画面を見続けるというのはユーザーにとって負担になりやすい。それを解決するには“文章を短くする”ことだ。

文章が短ければ、ユーザーが画面を注視し続ける時間も減る。

ただ、短くするのではなく、同様に意味が伝わる内容であれば短い文章で伝わる方を選ぶと良いだろう。

必要以上に情報量を減らさず、簡潔に表現することで要点も理解しやすくなる。

箇条書き

箇条書きは文章を見やすくし、内容を把握しやすくする効果がある。ツリー構造も箇条書きと同様の効果がある。

ただ箇条書きにするのではなく、同列に並ぶ項目の数を多くしすぎないように注意する必要がある。

例えば商品の特徴が10個あるなら、外観の特長で3点、素材の特長で3点、性能の特長で4点といった感じだ。

リストを分割することでユーザーにとって必要な情報も探しやすくなる。次に、項目の表記を統一すること。

表記がバラバラだと意味が伝わりにくくなってしまう。
そして、項目の長さもバラバラよりは統一感を出した方が見やすくなり、見栄えも良くなる。

まとめ

ユーザーが探しやすく、見やすく、簡潔に書く。

中々に難しいが、これを行うかどうかで検索結果も変わってくる。
当然、他のサイト製作者も同じように工夫を行っているので、最終的にはコンテンツで勝負をすることになる。

良質なコンテンツがあり、検索結果の上位に表示されるようになれば自然とユーザーも集まってくる。

今や、インターネットで入手できる情報は消耗品となっており、良質なコンテンツの他にスピードも求められる。

となると、それだけページ製作に掛かる負担も大きくなるということだ。

サーチエンジンのランク付けのアルゴリズムは年々高度化が進み、変更も多い。どこまでそれに対応するのか、見極めも大切だ。

結局のところ地道に認知を広げていくしか無いようだ。

シェアはこちらから。

Spiral Newspaperメインビジュアル Spiral Newspaper広告掲載について

Popular Posts

2013/10/24

スマホのエロアプリ 概要 スマホのエロアプリは、iPhoneの「App Store」、Androidの「Google Play」のどちらも規制が厳しく、公式のマーケットではお目にかかる事ができません。稀に審査を上手くかい …

2013/10/7

昨日、私はブラック企業の経営者だったという記事を読んだ。はてなブックマーク経由で辿り着いたのですが、なかなか良い記事でした。 私はブラック企業の経営者だった 概要 現在は雇用される立場として過酷な労働環境の元働いているが …

2013/10/22

ハゲ・薄毛のブログまとめ 自身の治療経過をブログに画像付きでアップされておられるハゲ・薄毛の方も少なくありません。治療の奮闘記、といった感じでしょうか。 薄毛の方が頑張っておられる姿に仲間意識が芽生えますし、良い報告の記 …

2013/10/30

今日は先日公開されたまどマギの映画を見に行きました。 そのチケット購入の際の一幕。 私「魔法少女まどかマギカ大人一人お願いします」 チケット受付「はい、まどマギ大人一名様ですね」 …まどマギはチケット受付の人も略しちゃう …

2013/10/30

ガンホーの1〜9月期の営業利益が28倍の685億円に昇る事がわかりました。 ガンホーと言えばパズドラですが、今年も順調で2000万ダウンロードを突破するなど話題となりました。 ガンホー1~9月期、営業益28倍の685億円 …

2013/11/1

概要 スマホのエロゲー総合ページです。 目次 スマホにエロアプリがない理由 スマホにエロアプリがない理由 この記事を読む ●概要 そもそも、公式マーケットでエロゲーを検索されてエロゲーを検索してヒットしなかったからために …