http://spiral-newspaper.jp/

WEB SPIRAL NEWSPAPER

お問い合わせ

【サッカー日本代表】東アジア杯での収穫、柿谷 曜一朗という可能性

2013/07/30
  • エロゲーダウンロードページ

記事の詳細

東アジア杯での収穫、柿谷 曜一朗という可能性

東アジア杯

国内組のみで優勝

国内組だけで編成された日本代表が東アジア杯を制した。
意外な事に日本が東アジア杯は初優勝との事。韓国やオーストラリアは、確かにアジアの中では強敵だが、これは意外という一言に尽きる。

しかし、よく考えれば日本がアジアで頭一つ飛び抜けてから久しいが、本当の意味で安定的に勝てるようになったのはごくごく近年の事。ブラジルワールドカップ予選でも、もちろん負けた試合もあるし、引き分けた試合も多い。また、日本は国内組だけで編成して”A代表”だが”フル代表”ではないというチーム編成。
それとは異なり、韓国などは自国開催という事もあってか、本気のメンバーで臨んできた。
こういった状況の中、日本が優勝した事には賛辞の言葉を送りたい。

今大会の目的

東アジア杯でも最大の目的は、戦力になり得る人材を発掘する事。また新しい戦力によって、チーム内での競争の活発化。
コンフェデで3連敗を喫した日本代表監督のザッケローニは、これまではどちらかと言うとファンに好意的に迎えられてきたが、コンフェデ後はさすがに批判の声が多く上がった。
ザッケローニ監督就任後から早3年経過したが、就任直後からメンバーがあまり変わっていない事。
試合レベルで言うと、メンバー固定の方針に起因していると思われる選手交代のタイミングの遅さや層の薄さなどがある。

だが、メンバーを固定し過ぎているとは言え、実際問題今代表レギュラーに定着しているメンバー以外に頼れる選手がいないのが現状だ。清武や乾にはある程度期待出来るかもしれないが、香川や本田などの中盤の層は代えが効かない選手だ。
また、メンバーを固定してきたこの3年間で、当たり前だが選手達も歳をとる。
遠藤は33歳だし前田は31歳だ。ワールドカップのインターバルである4年間というのは本当に長いと感じる。4年間で選手としての脂は、いくらでもなくなってしまう。

当確・有力な選手

柿谷 曜一朗

セレッソ大阪所属の23歳の選手。
東アジア杯にて2試合で3ゴールを挙げた柿谷はほぼ当確だろう。前評判も高かったし、ザッケローニも期待の言葉を口にしていた。その柿谷の活躍は東アジア杯での最大の収穫だろう。おそらく、近い将来日本ではプレーしていないだろう。

特に、韓国戦での2ゴールは見事だった。
1点目は飛び出しだけで相手DFを3人置き去りにしていたし、フィニッシュも冷静だった。後ろから追いかけてくるDFの位置を確認して、最後はキーパーとは逆の方向にシュート。フリーでFWが点をとるのは当たり前の事だとも言えるが、あそこで決め切れるのが柿谷だ。並のFWなら決めれないシーンである。
柿谷の動きを見て、ロングパスを放った青山も見事だ。

柿谷の先制ゴールの動画


2点目は駒野からパスを受けた原口の勝負が生んだゴールだった。
原口はそのまま左サイドを切り込み、最後にシュートを放つ。惜しくもGKに阻まれるも、こぼれ球が柿谷の元に。この機会を柿谷は逃さずに、DFとGKの逆方向のネット隅に狙いすましたコントロールシュートを放ちネットを揺らす。
原口の勝負が生んだゴールだが、ポゼッションで韓国に負けている苦しい展開の中で、少ない機会をモノに出来るのが柿谷だ。柿谷にボールが回らない試合の中で、2つしかないチャンスを2つとも決めたのだ。
まさしくエースの姿だった。

柿谷の2点目の動画


前述したように前田遼一は31歳だし、代表ではここ数試合目立った活躍が見られないし、Jリーグでも以前程の動きが出来なくなってきているように思う。
高さが武器のハーフナー・マイクもいるが、今の連動型の代表ではその高さを活かす事が出来ない事が多い。ハーフナー・マイクが出場するのは、代表でも苦しい展開の時が多いのだが、高さを活かした放り込みを選択するのは難しいのだ。放り込み戦術は、前線にボールがいくものの、点に結びつくという意味では可能性が低い。また、これまでザックジャパンが目指したきた戦術の形ではない事から、ハーフナー・マイクは合わないんじゃないかという声もある。

そこで、柿谷 曜一朗だ。前田やハーフナー程の高さはないが、テクニックはピカイチだし冷静なフィニッシャーだ。
若干23歳でエースとして風格が漂っているし、Jリーグでの活躍と東アジア杯で日本を優勝に導いた実力はホンモノである。次の代表戦の招集では間違いなく柿谷は呼ばれる事になるだろう。

豊田 陽平

Jリーグ・サガン鳥栖所属で28歳。
今季はJリーグで得点を量産し注目を集めている選手。フィジカルが強く、和製ドログバと呼ばれている。
今大会では無得点に終わったが、中国戦では大迫のゴールを引き出す2アシストを記録する。

前田遼一もそうだが、トップの選手がボールを一度収めてから、2列目の選手が決めるのが今の日本代表だ。(大迫はFWで2トップ気味ではあったが)そういった意味では、身体が強い豊田はポスト前田と言えるだろう。

また、闘志溢れるプレーが印象的な選手である。
韓国戦では最後の最後に日本のゴールを守ったファインプレーがあった。キーパーの西川を飛び越えたボールを、FWであるはずの豊田がヘディングでクリアしたのだ。

これらの活躍から豊田も有力視されている。

山口 蛍

セレッソ大阪所属のMFで23歳の選手。
今大会でMVPに選ばれた選手。ほたるという名は一度聞いたら忘れる事はないだろう。

使うならボランチだが、山口なら攻守にわたって活躍出来る。中盤の底で相手を潰せる山口は脅威だろう。

斎藤 学 横浜F・マリノス所属の23歳。
天性のドリブラーでハマのメッシの異名を持つ。
オーストラリア戦では、個人技によるドリブルで3人交わして、最後はゴール隅に狙いすましたコントロールシュートでゴールを挙げた。

ここまでドリブルに長けている選手は日本の中でもあまりいない。和製メッシの名は伊達じゃないといったところか。

まとめ

東アジア杯での収穫は大きい。
初優勝という成績よりも、有力な選手を発掘する事が出来たからだ。
特に、再三言うように柿谷には期待したい。
得点力不足と言われていた時代に比べると、格段に日本は得点力が挙がった。
それは、本田・香川・岡崎といった得点力のある2列目の選手が台頭があるし、長友や内田を起点としたサイドからの攻撃の質の向上が、その理由だ。
だが、未だに日本代表には絶対的エースがいない。
一度しかない機会を決める事のできるFWを見つける事が出来なかった。

天才と言われる柿谷 曜一朗なら、日本の絶対的エースになれるかもしれない。
今でこそメディアの注目を集めている柿谷だが、決して順風満帆な道ではない。遅刻問題などが取り沙汰され、徳島に干されていた時期もあった。それは天才ともてはやされた後だ。
柿谷は一度挫折を味わっている。
挫折から這い上がった人間は強い。

今後は彼から目を離せない。

シェアはこちらから。

Spiral Newspaperメインビジュアル Spiral Newspaper広告掲載について

Popular Posts

2013/10/24

スマホのエロアプリ 概要 スマホのエロアプリは、iPhoneの「App Store」、Androidの「Google Play」のどちらも規制が厳しく、公式のマーケットではお目にかかる事ができません。稀に審査を上手くかい …

2013/10/7

昨日、私はブラック企業の経営者だったという記事を読んだ。はてなブックマーク経由で辿り着いたのですが、なかなか良い記事でした。 私はブラック企業の経営者だった 概要 現在は雇用される立場として過酷な労働環境の元働いているが …

2013/10/22

ハゲ・薄毛のブログまとめ 自身の治療経過をブログに画像付きでアップされておられるハゲ・薄毛の方も少なくありません。治療の奮闘記、といった感じでしょうか。 薄毛の方が頑張っておられる姿に仲間意識が芽生えますし、良い報告の記 …

2013/10/30

今日は先日公開されたまどマギの映画を見に行きました。 そのチケット購入の際の一幕。 私「魔法少女まどかマギカ大人一人お願いします」 チケット受付「はい、まどマギ大人一名様ですね」 …まどマギはチケット受付の人も略しちゃう …

2013/10/30

ガンホーの1〜9月期の営業利益が28倍の685億円に昇る事がわかりました。 ガンホーと言えばパズドラですが、今年も順調で2000万ダウンロードを突破するなど話題となりました。 ガンホー1~9月期、営業益28倍の685億円 …

2013/11/1

概要 スマホのエロゲー総合ページです。 目次 スマホにエロアプリがない理由 スマホにエロアプリがない理由 この記事を読む ●概要 そもそも、公式マーケットでエロゲーを検索されてエロゲーを検索してヒットしなかったからために …