http://spiral-newspaper.jp/

WEB SPIRAL NEWSPAPER

お問い合わせ

FEの「ルキナ」「ルフレ」が参戦!?大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U

2014/07/22
  • エロゲーダウンロードページ

記事の詳細

FEの「ルキナ」「ルフレ」が参戦!?大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U

概要

先日、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii Uに新たな参戦キャラクターが発表された。

「ファイアーエムブレム 覚醒」から「ルキナ」と「ルフレ」の2人である。

私は今回のルキナ参戦に嬉しく思っているが、どうも反応を見ると”ファイアーエムブレム”シリーズ(以下FE)をまだプレイしたことが無いユーザーが多く、どんなキャラクターか分からないようだ。

なので、今回はこの2人紹介をする。
その前にFEシリーズについて少し説明しよう。

FEってどんなゲーム?

FEシリーズ は第1作目が「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」1990年に任天堂から発売された。

ジャンルはRPGだが、SRPG(シミュレーションロールプレイングゲーム)を確立させた作品と言われている。

スーパーロボット大戦シリーズやSDガンダム GGENERATION、ポケモン+ノブナガの野望といった作品がこのジャンルに分類されている。

FEはSLG(シミュレーションゲーム)の各兵種に異なる顔グラフィックや能力差・成長要素などRPGの要素を取り入れた作品だ。

そして、FEシリーズには更に特徴的なシステムがある。
「ロスト」と言われているシステムだ。

ロストとは武器に使用回数の制限があり、使用回数を過ぎた武器は壊れ、キャラクターが死亡・撤退をすると2度と使えなくなる(一部例外はあるが)

文字どうり”失う”(ロスト)のだ。
このシステムが作品全体の空気を引き締め、プレイヤーは歯応えのある戦闘を味わえる。

ファイアーエムブレム 覚醒

今回発表されたルキナとルフレの2人はFEシリーズ第13作目「ファイアーエムブレム 覚醒(以下FE覚醒)」からの参戦となる。

他のFEシリーズからの参戦キャラクター「マルス」は第1作目から、「アイク」はシリーズ第9作目「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」からスマブラに参戦している。

FE覚醒は2012年4月19日 3DSで発売され、国内では45万本・全世界累計では129万本売れた。

全体的に難易度が高めだったFEシリーズを多くのユーザーが楽しめるように難易度が選べるようになった。

そして、「ロスト」も選べるようになり、撤退・死亡したキャラクターは2度と戦えなくなる「クラシックモード」撤退しても次のマップ以降も使用できる「カジュアルモード」の2種類を選べる。

どちらのモードも武器の使用回数は選択できない。

FEシリーズに興味はあるけど、難しそう・キャラロストは嫌だ、というユーザーでも十分に楽しめる内容になっているので、是非プレイしてみて欲しい。

ルキナとルフレ

まず「ルフレ」はマイユニットのデフォルト名、つまりプレイヤーの分身である。マイユニットは性別・容姿・声・名前を自分で変更できる。

今回、女性版ルフレも使用できるのはそういう理由からだ。スマブラで魔道書に使用回数があるのも「ロスト」を再現したもの。

プレイヤーは記憶喪失で道端に倒れているところを、イーリス聖王国の王子「クロム」率いる自警団に助けられる。

マイユニットは仲間達と絆を紡ぎ、クロム達を支えるため軍師として軍勢を指揮する。次に「ルキナ」は伝説の英雄王「マルス」と名乗り突如クロム達の窮地に現れる。

少々ネタバレになるが、物語を進めると「ルキナ」は未来の「クロム」の娘だと発覚する。

絶望に血塗られた未来を変える為、父「クロム」を助ける為に過去にタイムワープして来た。

スマブラでのモーションはマルスと互換だが、性能はマルスが”剣先での攻撃力が上がる仕様”に対し、ルキナは”剣撃の威力が平均化”されているとのこと。

ゲームキューブで発売されたスマブラDXに参戦していた「ロイ」のような立ち位置になるだろう。

「クロム」の活躍も”なくはない”というのも気になるところだ。

まとめ

スマブラ参戦キャラクターPVに毎回驚かされている我々だが、そのPVも今回で終わりとのことだ。

だが、スマブラ for 3DSの発売が迫って来ているというのに”大乱闘”以外のモードを紹介しきれていない気がする。

8月中になにかあるのではないか?とネット上では噂されている。

スマブラも気になるが真・女神転生とファイアーエムブレムのコラボ作品、「真・女神転生 meets ファイアーエムブレム」の続報も気になるところだ。

FE以外でも今回の参戦キャラクターで気になる作品があれば、3DS版の発売日までに遊んでみるのも良いだろう。

シェアはこちらから。

Spiral Newspaperメインビジュアル Spiral Newspaper広告掲載について

Popular Posts

2013/10/24

スマホのエロアプリ 概要 スマホのエロアプリは、iPhoneの「App Store」、Androidの「Google Play」のどちらも規制が厳しく、公式のマーケットではお目にかかる事ができません。稀に審査を上手くかい …

2013/10/7

昨日、私はブラック企業の経営者だったという記事を読んだ。はてなブックマーク経由で辿り着いたのですが、なかなか良い記事でした。 私はブラック企業の経営者だった 概要 現在は雇用される立場として過酷な労働環境の元働いているが …

2013/10/22

ハゲ・薄毛のブログまとめ 自身の治療経過をブログに画像付きでアップされておられるハゲ・薄毛の方も少なくありません。治療の奮闘記、といった感じでしょうか。 薄毛の方が頑張っておられる姿に仲間意識が芽生えますし、良い報告の記 …

2013/10/30

今日は先日公開されたまどマギの映画を見に行きました。 そのチケット購入の際の一幕。 私「魔法少女まどかマギカ大人一人お願いします」 チケット受付「はい、まどマギ大人一名様ですね」 …まどマギはチケット受付の人も略しちゃう …

2013/10/30

ガンホーの1〜9月期の営業利益が28倍の685億円に昇る事がわかりました。 ガンホーと言えばパズドラですが、今年も順調で2000万ダウンロードを突破するなど話題となりました。 ガンホー1~9月期、営業益28倍の685億円 …

2013/11/1

概要 スマホのエロゲー総合ページです。 目次 スマホにエロアプリがない理由 スマホにエロアプリがない理由 この記事を読む ●概要 そもそも、公式マーケットでエロゲーを検索されてエロゲーを検索してヒットしなかったからために …