http://spiral-newspaper.jp/

WEB SPIRAL NEWSPAPER

お問い合わせ

【DQMSL】SSランク「トワイライトメア」ステータス評価と使い道

2015/06/5
  • エロゲーダウンロードページ

記事の詳細

【DQMSL】SSランク「トワイライトメア」ステータス評価と使い道

概要

Sランク「レジェンドホーン」の転生先モンスター候補としては、様々な噂が挙がっていた。ドラゴンクエスト6で登場した「しれんその3」など、半分ネタでもあったが、実際に実装されれば多いに盛り上がった事だろう。

また、馬のモンスターという事で、すでに敵モンスターとしては登場していた「黒竜丸」が転生先になるのではないかとも言われていた。

レジェンドホーンから比べると、属性がデイン系からドルマ系となってしまうが、ハヌマーンやグランシーザーのように、転生をする事によって属性が変更されたモンスターも珍しくはない。

特技の予想としては、今作で未だに登場していないHP完全回復呪文「ベホマ」が登場するのではないかとも言われていた。また、このままだと攻撃手段が乏しいという点と、デイン系呪文のライデインを覚えるので、「ギガデイン」も覚えるようになるのではないか、と噂されていた。

今回、トワイライトメアで初登場した特性の「回復のコツ」はある程度予想が当たった結果となっており、回復系の呪文の消費MPを半分に抑える事ができる。闘技場のPTに1体は入れたい回復モンスターの筆頭だ。

ちなみに、トワイライトメアはDQMSL初登場のモンスターである。

ステータス

トワイライトメアLV80時のステータス

HP:608
MP:278
攻撃力:331
防御力:328
素早さ:376
賢さ:392

覚える特技:白くかがやく光/ベホマズン
リーダー特性:全系統の賢さを18%アップ
特性:みかわしアップ/回復のコツ


素早さがそこそこ高く、賢さはかなり高い数字になっている。HPは600を超えるものの、最大MP・攻撃力・防御力は高い数字とは言えない。

覚える特技は白くかがやく光とベホマズンで。白くかがやく光はデイン系の最上位ブレス特技で、ベホマズンは今作初登場の特技だ。ベホマズンと言えば、ドラクエ本作ではベホマ(味方1人を完全回復)をPT全体にかける効果であったが、DQMSLでは完全ではなく特大回復のようである。

しかしながら、その回復量は凄まじく、特にトワイライトメアは回復のコツを持っているため、よほどひん死でなければ、ほぼHPは全回復するだろう。

リーダー特性は全系統の賢さを18%アップさせるもので、呪文主体のモンスターでPTを組んでいる人であれば、是非リーダーにしたいところ。

耐性はメラ系を無効、デインを吸収する。ただし、弱点はドルマ系となっているので、ジゴスラッシュ・ドルモーアには注意が必要だ。

ガチャ・リセマラ当たり度

トワイライトメア1体いればクエストがサクサククリアできる、という程のモンスターではないものの、アタッカーをすでに入手している前提であれば、役割があるので非常に役に立つモンスターと言えるだろう。

おすすめ特技

SSランクモンスター・トワイライトメアの固定特技は「白くかがやく光」と「ベホマズン」。

回復役に徹するのであれば、Sランクレジェンドホーンからは何としても「ザオリク」を引き継いでおこう。純正のザオリク持ちモンスターも増えてきてはいるが、トワイライトメアは特性に「かいふくのコツ」があるため、消費MP60でザオリクを唱える事が可能だ。

トワイライトメアは最大MPは高いとは言えないが、実質ザオリクを4回も唱える事ができる計算となる。通常の消費MPからのザオリクで考えると、これは最大MP480分の数だ。(消費MP120×4のため)

このように、トワイライトメアの特技を考慮する際は、かいふく系の特技は消費MPを半分に考え直してから決める必要があるのだ。

ザオリク:消費MP60(通常MP120)
ベホマズン:消費MP100(通常MP200)
べホマラー:消費MP33(通常MP65)

初登場ベホマズンは消費MP200とかなり高く、かいふくのコツの効果を得ても、100も消費してしまう。下位得意のべホマラーは、消費MP33とかなり低くなり、これまで不死鳥ラーミア以外は保健用としての扱いを受ける事が多かった特技ではあったが、トワイライトメアであれば手軽に使用しても良い、という事となる。

初登場特技という事でベホマズンにばかり注目が集まるが、消費MPの事も考えると「べホマラー」も引き継ぎたいところ。

必須特技のザオリクと併せて、べホマラーも引き継ぐと、毎ターンベホマラーを使用できるモンスターとなる。

ただし、究極転生にも連れていくつもりがあるのであれば、話は変わってくる。ベホマズン・白くかがやく光・べホマラー・ザオリクの特技構成だと、間が持たないため、ザオリクかべホマラーを諦めて、ライデインを覚えさせても良いかもしれない。

使い道

闘技場

1ターン目から「いのちだいじに」にしておいても問題ないモンスター。素早さがそこそこ高いため、まだ仲間モンスターが1体も倒されていない可能性はあるが、その場合はザオリクではなくHP回復呪文を唱えてくれる。

とにかく、最大でザオリクを4回も唱えられるのは魅力的だ。これまで、竜王・ゴールデンスライム・大魔王ミルドラース・はめつの使者、などがザオリク要員となっていたが、この流れが一気に崩れる可能性を秘めているモンスターだ。

ただし、純正のザオリク持ちモンスターのため、初見の相手だったとしてもザオリクを持っていると知られている状態であり、真っ先に狙われやすい。

トワイライトメアはメラ系とデイン系には耐性があるものの、ドルマ系を弱点としている。ドルモーア・ジゴスパーク・ジゴスラッシュを食らってしまうとキツイ展開となる。

仲間PTには「におうだち」を使えるモンスターか、メタルカイザー・ダイヤモンドスライムなどの、倒されにくいモンスターで守ってあげる必要があるだろう。

相手PTにデイン系を弱点としているモンスターがいる場合や、一気に攻勢をかけたい局面などでは「白くかがやく光」を使用しても良い。トワイライトメアの限られた攻撃手段ではあるが、それでも最上位ブレス特技だ。

もちろん「白くかがやく光」は回復呪文ではないので消費MPは等倍。MPを110も消費するので、その後の展開には注意したい。

使いどころを間違えてガス欠となってしまい、「ザオリク」「べホマラー」が唱えられない状態だけは避けよう。

究極転生への道

究極転生への道にも連れて行けるSSランクモンスターだ。ただし、間が持たない場面が生まれてしまうために、ザオリクかべホマラーのどちらかを諦めて「ライデイン」を覚えさせる必要がある。

これは、かなり難しい選択で究極転生への道に連れていく事を考えるとザオリクを諦めるべきではあるが、闘技場のPTに入れるのであれば、ザオリクは残したいところ。

一応、べホマラーを消しても究極転生への道には連れていけるだろうが、その場合だとHP回復系の呪文がベホマズンしかなくなってしまうため注意しよう。

シェアはこちらから。

Spiral Newspaperメインビジュアル Spiral Newspaper広告掲載について

Popular Posts

2013/10/24

スマホのエロアプリ 概要 スマホのエロアプリは、iPhoneの「App Store」、Androidの「Google Play」のどちらも規制が厳しく、公式のマーケットではお目にかかる事ができません。稀に審査を上手くかい …

2013/10/7

昨日、私はブラック企業の経営者だったという記事を読んだ。はてなブックマーク経由で辿り着いたのですが、なかなか良い記事でした。 私はブラック企業の経営者だった 概要 現在は雇用される立場として過酷な労働環境の元働いているが …

2013/10/22

ハゲ・薄毛のブログまとめ 自身の治療経過をブログに画像付きでアップされておられるハゲ・薄毛の方も少なくありません。治療の奮闘記、といった感じでしょうか。 薄毛の方が頑張っておられる姿に仲間意識が芽生えますし、良い報告の記 …

2013/10/30

今日は先日公開されたまどマギの映画を見に行きました。 そのチケット購入の際の一幕。 私「魔法少女まどかマギカ大人一人お願いします」 チケット受付「はい、まどマギ大人一名様ですね」 …まどマギはチケット受付の人も略しちゃう …

2013/10/30

ガンホーの1〜9月期の営業利益が28倍の685億円に昇る事がわかりました。 ガンホーと言えばパズドラですが、今年も順調で2000万ダウンロードを突破するなど話題となりました。 ガンホー1~9月期、営業益28倍の685億円 …

2013/11/1

概要 スマホのエロゲー総合ページです。 目次 スマホにエロアプリがない理由 スマホにエロアプリがない理由 この記事を読む ●概要 そもそも、公式マーケットでエロゲーを検索されてエロゲーを検索してヒットしなかったからために …